調達分析。

ThoughtSpot
の調達向け分析


デモを見る

調達チームがサプライヤーのパフォーマンスについてすべての次元で360度のビューを取得できたらどうなるでしょうか。

ThoughtSpotを利用することで、調達担当者はコスト削減、サプライヤーや拠点の集中リスクの低減、よりタイムリーな納品、品質向上などのため、サプライヤーの管理を容易に強化することができます。

検索例1:製品グループとサプライヤー別の総経費

検索例2:毎月の納期日とサプライヤー別の単価

検索例3:製品別の総経費に対するSpotIQインサイト

意思決定を迅速化し、調達プロセスを強化します。

サプライヤーのパフォーマンスを大局的に捉えた詳細なデータに基づくインサイトを得て、データドリブンの戦略的ソーシングやベンダーとの交渉を可能にします。

コスト効率

サプライヤー別の総経費、複数のサプライヤーを対象とした製品当たりのコスト、可能な最小単位原価などに関するインサイトによって、コスト節減の機会を見い出します。

リスクの軽減

新たな関税など地域に起因するリスクにさらされているかどうかを把握し、最終的な収益への影響を予測できます。

時間の最適化

納期と品質に関してどのサプライヤーが優れているか、劣っているかを判別することで、在庫と下流工程への影響をより効率的に管理します。

品質保証

特定の製品やサプライヤーの注文数量と不合格品質のパターンを特定し、将来の購買やタイミングを調整して、全体的な品質を向上することができます。

「ThoughtSpotは、生産性の向上、ライセンスの節減、より的確な購買決定のためのインサイト提供により、大きな財務上の影響を与えてくれています。」

FORTUNE 500 自動車会社

サプライヤーの360度ビュー向けThoughtSpot

世界有数のブランドの調達専門家は、ThoughtSpotを使用して、コスト、リスク、適時性、および質に関するインサイトを明らかにし、サプライヤーのパフォーマンスを測定して、サプライヤーとの関係をより的確に管理しています。

SpotIQ:AI主導型分析(第2版)

SpotIQを支えるテクノロジーについて、また、データに隠されたトレンドやパターンをそのテクノロジーが自動的に特定し、行動履歴に基づいて最も重要な情報を学習し、信頼できるパーソナライズされたインサイトを提供する仕組みについて説明します。

リレーショナル検索:データ分析の新パラダイム(第2版)

検索主導型分析とは何でしょうか。その機能の概要とThoughtSpotがどのような支援を提供できるかをご確認ください。

思考のスピードでインサイトを。