デジタル変革の実現にはクラウドデータウェアハウスの導入が不可欠

クラウド導入の勢いはとどまることを知りませんが、今やクラウドは主流となっただけでなく、マルチクラウド化する企業が増えつつあります。IDGの2020年の調査によると、現在、組織の半数以上(55%)が複数のパブリッククラウドを使用しており、全体の21%が3つ以上のサービスを使用していると回答しています。Gartnerは、2022年までに全データベースの75%がクラウドプラットフォームに展開または移行されると予測しています。

パフォーマンスや拡張性、俊敏性を保証することは、事実上無制限のユーザーやワークロードに対応するためにデータウェアハウスをクラウドに移行する企業にとって土台となっています。クラウドでは、メンテナンスはほぼ不要な上に、規模に関係なく優れたパフォーマンスを実現していますが、1つのクラウドデータウェアハウスですべてのデータを管理することは、ほとんどの企業にとって現実的な方法とは言えません。結局のところ、データは「新しい石油」であり、どの企業も自社のかけがえのない「商品」を1つのベンダーに閉じ込めることは考えていないのです。 

また、ビジネスユーザーが求める答えは常にデータにありますが、クラウドデータウェアハウスだけではその要求に応えることはできません。膨大なデータをクラウドに移行したにもかかわらず、データは依然としてデジタルの引き出しに閉じ込められたままです。データの引き出しにどれだけ「クラウド化」されたとしても、組織の第一線で活躍する従業員のデータへのアクセス環境は何も改善されません。最大73%のデータが分析に活用されずに放置されているのが現実です。昨今の急速に変化する状況下では、組織のパフォーマンスをあらゆる角度から洞察し、売上や在庫、財務などのデータに瞬時にアクセスし、戦略を調整することが求められています。

クラウドデータウェアハウスは、企業規模のデジタル変革の推進力となっています。その投資の真の成果は、最終的にデータの引き出しを解放し、データドリブンの意思決定を行う必要があるすべてのフロントラインワーカーの能力が引き出されたときに得られます。

ThoughtSpotは、データが存在する場所とビジネスユーザーが意思決定を行う場所の間にあるこの隙間を埋める必要があることを理解しています。ThoughtSpot Embraceによりクラウドデータウェアハウスへ直接接続することで、インサイトと組織全体のビジネスユーザーとをシームレスに繋げます。また、ThoughtSpot Embraceを使用することで、データを自社にとって都合の良い場所に自由に保管することができます。ThoughtSpotのマルチデータウェアハウスのクラウドサポートによって、データの保存場所に究極の柔軟性をもたらします。これは、SnowflakeAmazon RedshiftGoogle BigQueryMicrosoft Azure Synapse、 TeradataSAP HANAなど、どのサービスを使用しても変わりません。

ThoughtSpotのお客様は、ThoughtSpot Embraceを活用して、デジタル変革を加速させ、クラウドデータウェアハウスへの投資の価値を高めることで、利益の向上をもたらしています。 

「多くの場合、クラウドに移行することと、クラウドで稼働することは、まったく異なることです。だからこそ、既存のAWSベースのデータレイクとThoughtSpotを簡単に統合できることが非常に重要でした。ビジネス規模やデータボリュームが増大するにつれて、当社が本当に必要としていたのは、ビジネスユーザーが、ビジネスのスピードに合わせて、情報に基づいた意思決定を行うために、付加価値の高いインサイトを迅速に獲得しながら、当社と同様に拡張できるプラットフォームでした」- Chick-fil-A シニアリードアナリスト、Callie Cobbs氏

クラウドデータウェアハウスへの「摩擦のない」接続に、エンタープライズクラスのアクセスやセキュリティー制御、そしてまるでGoogleのような直感的な検索操作が加わったことで、その価値は組織全体に解放されます。 

「ThoughtSpot Embraceによりスピーディーな導入が可能になり、より多くのユースケースの検証ができるようになりました」- Cisco BI/アナリティクスディレクター

ThoughtSpot Embraceを利用することで、お客様は分析のためにデータを移動することなく、データの制御や可搬性を最大限に高めることができます。分析やAIを活用した検索エクスペリエンスに影響を及ぼすことはありません。数回クリックするだけで、わずか数秒で直接ThoughtSpotを自社のデータウェアハウスに接続し、検索やAIを活用してインサイトを引き出しています。また、ThoughtSpot Embraceのライブクエリー機能を利用すれば、最新の回答が得られるだけでなく、データのキャッシュが不要なため、コードを一切記述することなく、数十億行ものデータをリアルタイムで自由に分析できるという利点があります。

「ThoughtSpotを導入する以前は、クラウドデータの中央リポジトリにあるデータを簡単に活用する方法がありませんでした。今では、財務チームが必要な規模や速度で、基礎となる売上成長率や販売額などについて、詳細かつ実用的なインサイトを簡単に得ることができるようになりました。- ユニリーバ 顧客開発分析シニアマネージャー、Vivek Malhotra氏

企業規模のデジタル変革プロジェクトは数年以上行われていません。クラウドデータウェアハウスの急速な普及により、その期間は数か月に短縮されつつあり、ThoughtSpotの顧客はデジタル変革を数時間以内でデータドリブンのイノベーションに変換しています。

「以前はデータの専門家が15分から20分かけて行っていたことを、ThoughtSpotをGoogle Cloudで実行することで数秒で実行できるようになりました」- Mattel/Fisher Price シニアマーケティングマネージャー、Greg Capodagli氏

クラウドデータウェアハウスへの投資は、その第一歩です。現代の革新的な企業にとって、このような投資をビジネスの価値に変換することは次のハードルであり、意思決定者をデータに直接接続して瞬時にインサイトを引き出すことで実現します。 

クラウドデータウェアハウスへの接続または、数時間で新たなインサイトを得るための方法については、お問い合わせいただくか、 デモの申し込みをお願いいたします。 

 
×