データを効果的にビジュアル化するためのベストプラクティスとヒント9選

インサイトを明確に示すには、データのビジュアライゼーションが重要です。しかし、閲覧者が一目見てすぐに理解できるよう効果的にビジュアル化することは、必ずしも容易ではありません。重要なステークホルダーに「この情報が必要だ」と思わせるグラフや表は、どのように作成すればいいのでしょうか。

今回の投稿では、データビジュアライゼーションに関するベストプラクティス9選について説明します。このようなベストプラクティスを実施することで、わかりやすく効果的にビジュアル化され、自分が意図した形でインサイトを提供できるようになります。それでは始めましょう。

1. シンプルにする

データのビジュアライゼーションとは、要するに、インサイトをわかりやすく正確な方法で伝えることです。ビジュアル化において、通常、データの量が少ないほどわかりやすくなります。データを盛り込みすぎると、閲覧者はすぐ混乱してしまいます。もっとも重要な情報に絞り込むことが大切なのです。

2. 直感的な見た目にする

わかりやすくビジュアル化されたデータは、閲覧者が直感的に理解できるように見た目が工夫されています。<br>たとえば、各データポイントに異なる色を使うと、ポイントの相関関係を理解しやすくなります。

3. 注意をそらす要素を排除する

シンプルなビジュアライゼーションを心がけるとともに、閲覧者の注意をそらす可能性がある要素を排除することも大切です。そのような要素の例として、色の使い過ぎ、統一感がない背景パターン、雑然としたレイアウトなどが挙げられます。

4. ストーリーを伝える

データビジュアライゼーションは、そのデータを使ってストーリーを伝えるチャンスです。効果的にビジュアル化すると、データから集めた主要なインサイトを、わかりやすく正確な方法で有効に伝えることができます。

5. データポイントは注意深く使う

ビジュアライゼーションでデータポイントを使う場合は、含めるべき最重要ポイントについて注意深く検討することが大切です。データポイントを選ぶ際は、そのデータポイントによって潜在的なデータが正確に表され、伝えるべきストーリーが伝わるかどうかを基準にしてください。

6. 視覚的な階層を効果的に使う

データを効果的にビジュアル化するには、視覚的な階層を使って閲覧者の注意がもっとも重要な情報に向くようにします。これは、サイズ、色、位置などを工夫することで行います。

7. 効果的なラベルを使う

どのようなデータビジュアライゼーションにおいても、ラベルは重要な要素です。ラベルはわかりやすく簡潔で、<br>データの内容を正しく説明している必要があります。

8. ビジュアル化したデータについてユーザーの意見を聞く

データビジュアライゼーションを終える前に、実際のユーザーに見てもらって意見を聞くことが重要です。それによって、伝えるべきストーリーを効果的に伝えるためのビジュアライゼーションを確実に実現できます。

9. 継続的に反復し、改善する

データビジュアライゼーションは反復プロセスであるため、改善に向けた継続的な努力が重要です。新しいデータが入ってきたとき、つまり新しいインサイトが得られたときは、必要に応じてビジュアライゼーションを必ず調整してください。

このようなベストプラクティスを実践することで、伝えるべきストーリーを効果的に伝えるためのデータビジュアライゼーションを確実に実現できます。ただし、データビジュアライゼーションには、さまざまな方法があることを覚えておいてください。もっとも大切なのは、いろいろ試しながら自分と自分のデータにぴったりの方法を見つけることなのです。

対話型データのビジュアライゼーションをすばやく構築できるセルフサービスの分析プラットフォームを探している方は、ぜひThoughtSpotの導入をご検討ください。ThoughtSpotのプラットフォームには、スムーズなスタートを切るために必要な機能がすべてそろっています。また、さまざまなLiveboardを用意し、皆さんがデータを最大限に活用できるようにThoughtSpotチームのエキスパートがサポートします。今すぐ無料トライアルに申し込んで、データをインサイトからアクションに移すことがいかに簡単であるか、ぜひご確認ください。